気になっているトランプ大統領の言動

最近特に気になったニュースはアメリカ大統領トランプ氏の言動です。

大統領就任以前からその言動についてはいろいろ批判がありましたが、就任後はいくらか和らぐと思っていました。
しかし就任直後から大統領令の相次ぐ発令、私が特に注目したいのは「メキシコ」との国境に壁を作る、この大統領令を発令した事です。
単なる2国間の問題では無い様な気がします。壁を作りその代金はメキシコが払うべきとの事ですが、当然メキシコ側は猛反発しています。

次なる一手はメキシコからの輸入品に高い関税をかけ、それを壁の代金にする。
ここまで行くと経済戦争に発展する可能性が出て来ると思います。
今月下旬にメキシコとアメリカ両首脳会談が計画されていた様ですが、キャンセルになった様ですね。

大統領令が即そのまま実施される仕組みにはなっていませんが、余りにもアメリカファーストを追求すると、良くても悪くても今までアメリカ中心に動いていたと思われる自由経済流通機構が崩れ去り、カオスの世界に突入する恐れがありそうです。

世界情勢を考えるとアメリカが経済や防衛の面において可なりのウエイトを占め、中心的な役割を果たしていたのは間違いないと思います。トランプ氏に対する日本の防衛や経済はどうなるのか安倍首相の力量が大いに試される時が来た感じがします。

不正介入事件について

韓国のパククネ大統領の親友チェスンシル被告による政府への不正介入事件の一連が気になっています。民間人である被告が国の大事な資料に目を通したり、親友という立場を利用して様々なことに関与したりしている疑惑が持たれています。また被告の娘は、高校生の時に出席日数が足りないにも関わらず高校を卒業したり、大学では単位を不正に取得したりするなどしています。これらを聞いて、被告に大切な資料を見せる等した大統領も迂闊だったとは思います。しかし私は、孤独な大統領に近寄り心の隙間に上手く入り込み、漬け込んだ卑劣な行為で、大統領もある意味では被害者なのではないかと考えています。一連の報道が出た後、大統領は公の場にあまり姿を見せていません。こうした行動も疑惑をより深める一因だと思います。本当に不正介入等が無く、疑われるようなこともしていないのであれば、きちんと公の場へ出てきて説明をするべきです。そして少しでも疑いを晴らすべきです。不正介入事件についてだけでは無く、セウォル号沈没の際の空白の7時間の間の行動に関しても説明をしなければなりません。美容整形を受けていたのか、それとも実際は何をしていたのか話す義務が大統領にはあると思います。一連の事態について、一刻も早く真相が判明することを望んでいます。

スマップ解散に思うこと

最近のニュース、といっていいのかわかりませんが・・、今でも尾を引いているニュースなので”最近のニュース”とさせていただきます。

去年の1月に出たスマップの解散騒動は、今でもファンの人達の間で解決していません。いちおう去年の年末までで解散したことになっていますけど、ツイートなどで見る事務所の対応には、ファンではない私も疑問を感じます。もうちょっと誠実に対応してほしいなと思います。

スマップが解散したということが、まだピンとこないです。ファンでない私もいろいろ思うところがあるのだから、ファンの人達は心を痛めていることでしょう。

スマップはデビュー前から(スマップではない名前で活動していたころ、全員同じメンバーかどうかはわからない)、当時のクラスメートの女子達がキャーキャー言っていた存在で、私も雑誌の記事でちらほら見ていました。それからスマップとしてデビューして、すぐにブレイクしなかったこともなんとなく覚えています。

解散した後も、メンバーがそれぞれ活躍しているところが見られるのなら、私が感じている懸念もなくなると思いますが、それはまだ先のことです。年が明けたばかりなので、今後のこの方達のことはまだわかりませんし・・。

海外のぶっ飛んだクリスマスがかなり面白そう

最近ケンタッキーのTVCMで『クリスマスが今年もやってくるー』なんて竹内まりやさんの歌声を聞く都度、「ああ、もうそんな時期なんだな」なんて感じています。
とはいえ、過去に私はクリスマスに風邪を拗らせて寝込んだり、仕事が忙しすぎた影響で24日、25日連日ホットモットの海苔弁当で過ごしたりとあまり良い思い出が無いものですが、今現在は半専業主婦。悪く言えば暇人。割と自由であるからこそ、クリスマスが美味しいごちそうでも作って少しでも気分を盛り上げよう! なんて思っています。
もはやコレ、私の勝手な決まり事ですがこの2日間はいつもとは違う豪華な食事を食べる日という認識です。

2016-12-%e6%9b%b4%e6%96%b03-17

そこで世界各国のクリスマス事情や、クリスマス料理に参考になるレシピ……と今年もモソモソと調べているワケですが、結構海外のクリスマスがぶっ飛んでるなんてまとめを見つけて「なにこれ面白そう」なんて眺めていました。

ポーランドでは七面鳥を食べる日ではなく鯉を食べる日とされているそうで、浴槽で生きた鯉が泳いでいる事がクリスマスの日常だとか。
ドイツやオーストリアでは”西洋のなまはげ”とも呼ばれるクランプスが街を練り歩くなんて、世界番付でもやっていましたよね。
オーストラリアに関しては、12月は季節が真夏なので、ビーチで楽しむなんて事も……。
それぞれの国によって特色も違うものなので、とても面白いなと感じるものです。

また、これはよく言われてる事ですが……海外は家族や友人と過ごす事が普通。日本では恋人で過ごす事が普通。それから大人同士のプレゼントは海外では割と価格の安いものをプレゼントしあう事が普通とされていて、日本では高価なものを渡し合うものとされていますね。
この点改めて考えると、経済効果は確かにあるとは言え、色んな意味で日本のクリスマスって辛辣なものではないのか? と、感じてしまうものですね。
思えば自分自身、独身時代彼氏が居た時は絶対に一緒に過ごしていましたし、1万2万もするものを送ってました。典型的過ぎる日本のクリスマスを過ごしていたんだな……なんて今更のように感じてしまいますね。
ですが、本場海外のクリスマスの事情などを見ると、今となってはこちらの方が家庭的で素晴らしいななんて感じてしまいます。

米国トランプ氏大統領へ…大丈夫か日本。

2016-11-%e6%9b%b4%e6%96%b03-17
ここ最近お茶の間を賑わせていたアメリカ大統領選挙。

どうやらドナルド・トランプ氏がクリントン氏に勝ち決着がついたものですが、もうコレ先行きが不安でしかありませんよね。
トランプ氏と言えば、演説も派手でしたからね。その上暴言や女性差別的な言葉や罵声を浴びせていたという事も有名な話。
日本に対して、ある日は日本は北朝鮮から自衛すべきだ、核兵器を保有すべきだと答えたり、また別の時には日本への北朝鮮への対策などを今後考えていこうと答えたり…この人政治家してて本当に大丈夫なのか? と、日本人ながら思ってしまいましたね。

けれど、この選挙アメリカ国民からしても完全に消去法の投票だったようで、○○氏のここが素晴らしいから賛同して投票したと言う意見よりも、○○氏と○○氏を比較して「こちらの方が未だマシだと思ったから」と答える方が非常に多かったそうで、本当にそんな事で良かったのか、選挙とは……なんてあらゆる部分にツッコミを入れたい気持ちにさえなってしまいました。
これはTVインタビューでニューヨークの方が言っていたことですが、トランプ氏は政治経験が無いからこそ不安だという声。そして、激昂しやすく感情的なトランプ氏が大統領になれば、世界情勢も不安定だからこそアメリカに日本に核が落ちる日が来たっておかしくないなんていう答えを言っていて「確かに」なんて感じて少し不安を覚えました。

日本には米軍基地が沢山ありますからね。
もはやこれが普通だと思えてしまう部分もあるものですが、過去の第二次世界大戦で破れ密接な関わりがあるからこそ今現在の日本人は「当たり前」だと感じて麻痺してる事に違いないでしょう。よって、ここで政権が変わる事って日本に対しても少なからず影響があるという事には変わりありません。また独裁者のようになるのでは? なんて意見も…。
そう考えると少し怖いなと、感じてしまうものですよね。
1月に主任式を行うそうですが、正直2017年から不安を感じてしまうものです。

ゲスの極みすぎでしょ…と思う川谷の恋愛観

今年初めのベッキーとの不倫騒動から、今度は19歳の女の子と飲酒で活動自粛になったバンド、ゲスの極み乙女の川谷絵音氏。
単純の川谷氏イケメンでも自分の好みでも無い上、どちらかというと不細工の部類に入るので”とことん気持ち悪い男”という評価です。
川谷氏の行動と発言毎度腹が立って、TVに移る都度「うわ気持ち悪いこの男」と、TVのチャンネルを変えてしまうくらいに大嫌いです。

正直に思うんですよね……この騒動全てが売名行為では無かったのか? なんて。
確かにベッキーと言えば、有名タレントには違いなかったでしょう。その時話題となった言葉と言えばトロフィー症候群。お高いパートナーをお飾り代わりにする男といった事を示す言葉ですが、これまさに川谷氏にぴったりな言葉でしょう。

まず彼の恋愛観も本当にワケがわかりません。

ベッキーとお付き合いしていた時には、奥さんがいたとのこと。そして離婚をしてベッキーを手放して、彼女が芸能活動を自粛している合間に普通に活動し、離婚して1年も経たずうちに今度は19歳の女の子を相手に……。
川谷氏の今現在の年齢は27歳。30近い男が未成年にと思うだけで寒気がしますね。
バンドというくらいならば、他のメンバーがどう思っているのか? このあたりの事さえも気になってしまうものです。

正直”売名”とも捉える事が出来る上、他メンバーに罪はありませんが解散してくれないかな、こういったメディアにはもう二度と顔を出さないでくれるかな? と、視聴者側としては思ってしまうものですね。
確かに音楽は悪くは無いとは感じるものですが、やはり心は動かされませんし、買う価値も無いなんて思ってしまいます。


一応謝ってたんだね。と、思ってしまう程。

散々にひどい事を殴り書きましたが、TVにメディアに出る人ならばふさわしい行動を取るべきではないのか? なんて、やはり感じてしまう部分ってあるんですよね。

最近ベッキーは復帰をはじめましたが、戻ってきた事に別に嫌気を感じませんでした。
むしろ、今度はこんな男に引っかからず幸せになって欲しいと感じるものですね。イッテQの企画などに出ていた彼女結構好きだったので、今後尚の事活動が活発化する事を祈っています。

最近の北朝鮮過激すぎやしませんか!?

ここ最近夕食時にTVをみても朝起きてTVを見ても”必ず”と言っていいほどに北朝鮮のニュースを見かけて「またかよ!」なんて思ってしまう日々を送っています。
もはやお隣の国がオカシイ事は今に始まった話ではありませんが、ここ最近明かに過激すぎやしないか?! なんて事続々と起きていますよね。

ノドンを3発打ち込んで日本の排他的経済水域に落下した……なんてニュースを聞いていると「そのうち日本のどこかに落ちるんじゃないのか」なんて不安も煽られるものです。
その上、弾道ミサイルの正確さは専門家さえも「かなり正確で北朝鮮からアメリカ本土に到達し命中させる事も可能」なんて事も言っているので、これまた恐ろしいなんて感じてしまうものです。

2016-09-%e6%9b%b4%e6%96%b03-17

また、9月9日に行われた核実験。これはTVで見るより先にTwitterニュースで知った事でしたが、唖然としてしまいましたね。ノドン3発を打って間もないのに「もう?!」なんて驚嘆してしまいました。

そしてネットSNSに掲載された1枚の写真が、かなり印象的だったのです。
それは広島の平和記念公園にあるカウンターですが「広島に原爆を落とされてから****日。最後に核実験が行われてから***日」というカウンターですが「これの核実験最終日もリセットされちゃうんだね、何だかやるせないね」なんて投稿を見かけたのです。
確かに被爆国であるからこそ、こういった部分って結構人ごとではないと思えてしまうものですし、やるせない悲しいと感じてしまう事も普通でしょう。

更に北朝鮮に対する不審と言えば、日本にも重大な被害を持たらした台風10号ですが、あの台風北朝鮮にも直撃し甚大な被害をもたらしています。
洪水による死亡人数100人以上行方不明200人以上。その裏での核実験。通常であれば、被災地の支援&復興に努める為に国が動くべきですが、核実験優先でこの件はニュースにさえ大した報道もされていないとの事。つまり国は被災地を見放したという事です。
こういった面を聞くと、この国の異常さに寒気さえ感じてしまうものですね。
おかしな国とは分かっていますし、過激な事を言えば滅んでもいいとさえ感じますが、一般の国民には罪も無いでしょう。被災地の早急な復興だけを願うばかりです。

結局ゲームに夢中で見れなかったペルセウス座流星群

世間がお盆休みに入った8/11程からペルセウス座流星群の話題って結構TVで見かけましたよね。自分の家の近所の神社でも星空鑑賞会と称した場所が設置されていて「絶対いくいく!」なんて思っていたのですが……結局行かず終いでした。

本題通りにゲームに夢中だったんですよね。
お盆休みで私も仕事がお休み。在宅のお仕事なので休みは自分で割くものですが「この時ばかりは仕事しない! 兎に今のうちに角鋭気を養い、ゆっくり休もう!」なんて思ってたのです。と……なれば、短い休みの間でいかに充実させるか?! と、考えたら家の事をする以外ゲームに費やしてしまたのです。
レベルを上げて物理で殴る! というワケで、ある意味ムダかも知れませんが非常に充実したお盆休みを送りました。オンライン上の友人もお休みだったのでここぞとばかりクエストのお手伝いをお願いし、普段まったりと会話も出来ないものですが、色々と喋って楽しかったです。

2016.08.更新3.17
しかし、唯一の心残りと言えばやはりペルセウス座流星群ですが。

こういった天体の事って、なかなか遭遇するチャンスも無いですからね。
以前の皆既月食も結局見なかったなんて事もありましたし、TVで見て以上終了でした。
見たい! という気持ちは当然の如くあるのですが、どうにも優先順位がゲームや個人の事の方に向いてしまう時点で自分にはロマティックさや女子力というものが圧倒的に欠けているな……なんてつくずく感じてしまった次第です。
次にチャンスは何時巡ってくるかも分からないですが「次こそ!」と、思ってします。
(また見逃しそうな気がしますが)

そしてお盆休みと言えば、1日帰省しただけでほぼ家に居るだけで何気ない日常とあまり変わりませんでした。夏らしい事は今年は微塵もしてません。
夏も残す事あと僅か。せめて近所の花火大会やお祭りなどのイベントに行ければな……なんて、感じています。歳を重ねると季節の巡りが本当に早く感じるものですが、こういった季節事のイベントも今後は大事にしていきたいなぁ。なんて、感じるものですね。

主人の帰りが最近遅い…

仕事場の責任者という立場になってからうちの主人の帰りがかなり遅いです。
それだけ頑張ってる、稼いでいるとなれば心から応援したい気持ちで沢山ですが……もしかして不倫?! なんて、心配になってしまう事って正直結構あるものなんですよね。
実は私、結婚するまでに付き合った男性の全員に浮気されていきたという酷い歴史があります。確かに浮気する方も悪いですが、浮気される方にも原因があるとは言えますよね。
自分でも無自覚な事でしたが、友人に言われて気がついた一言『仕事と趣味に生きすぎ、優先順位度滅茶苦茶低い!』なんて言われてしまい、確かにこれには納得しました。
ですが……お金が無ければ、付き合う事だって大変ですからね。
なので、結婚してからというものの仕事優先、その次は家庭と主人、そして趣味といった置き換えをするようになりました。

ですが、自分の主人私をスマホの待ち受けにする程です。
「うちの主人に限って不倫はありない」とは思いますが……ここ最近芸能人の不倫問題も様々あがっていて、少しだけ不安に煽られるものですよね。

中でも最近話題にあがったものと言えば、歌手の元FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤がお笑いコンビアンタッチャブルの柴田英嗣の元妻とW不倫を行っていたという話題。加藤さんからどうやら声をかけたそうですが、この芸能ニュース見ていて「あり得ない!」なんて思ってしまいました。また1月にはゲスに極み乙女の川谷とベッキーやら、国会議員の不倫などなど。
今年はゲス不倫年かっ! と、いう程に不倫報道を多く見かけます。

しかし、どうして不倫に発展してしまうのだろう。と、思ってしまうものですが、こういった芸能報道を見ていると「もしやうちの主人も……」なんて、不安を煽られる奥さん結構居るのでは? なんて、思えてしまうのですよね。
永遠を誓い合ったのに滑稽な話です。兎に角相手を信じる他はありませんが、こういったニュースを見る都度に不安に煽られるので「やめて頂きたいっ!」なんて思ってしまいます。

ジューンブライドの季節ですね

6月5日に関東地方も梅雨入りをして、本格的に『嫌ぁ~な季節になったなぁ』なんて、感じるものですが、6月と言えば結婚式シーズンですよね。
自分自身は6月の花嫁ではなく、10月秋の花嫁でしたが……ジューンブライドって憧れるものですよね。

芸能人でもこの時期に入籍&挙式を行うという方非常に多く感じるものです。
ここ最近で芸能ニュースで大賑わいなカップルと言えば、日本代表DF長友佑都選手と優でタレントの平愛梨さん♡
とてもお似合いだな~なんて感じますよね。正直このニュースを知るまでは、『え?! 付き合ってたんだ!?』なんて驚いてしまいました。
6月の花嫁は幸せになるというジンクスが昔から言われているものなので、この2人もきっと幸せいっぱいの夫婦になれるのでは!? なんて、思ってしまいますね。
2016.06.更新2.17

──しかし、6月の結婚式と言えば、自分自身も数年前は結婚式ラッシュで本当に祝儀貧乏になってしまったな。なんて事を思い出してしまいます。
やはり20代中盤~の年齢って今現在の結婚ピークの年齢ではないですか?
やはり6月7月に挙式を迎える方って仕事関連・プライベートを問わずに本当に多かったんですよね。

そんな中でも記憶に残っている事と言えば、自分達が結婚した翌年の6月~10月は本当に結婚式が多かったんです。通算5回か6回……友人・知人の結婚式に足を運びました。
割り切れない数字でご祝儀を出すので平均して3万円。
これが5回6回となってしまえば、もうご想像通りかも知れませんが……10万を超える出費となってしまったのです。どうにかしてその時は夫婦で兎に角稼ぐ事を考えて用意していましたが、生活がかなりカツカツだった事が記憶にあります。
あまりに遠方ならば断ればいいだけの話かも知れませんが、なかなかこういった機会も滅多に無いものですからね。それに友人知人の式となれば招待されれば行ってあげたいと感じるものです。しかしお金の面……こればっかりは本当苦難が伴うので『出来れば年度も月もバラけて欲しい!』なんて切実に願ってしまいますね。