経歴詐称どう思う?

最近TVで連日ショーンK氏の経歴詐称の件が報道されていますよね。
実際自分もTVをよく見る方で、ショーンK氏と言えば頭がいかにも良さそうで、落ち着いた話し方をするイケメン……といった風に感じていたので、経歴詐称を知った時は少し驚いてしまいました。
あの雰囲気から偽りの経歴は、何となく説得力がありましたからね。
けれど知って大ショックというワケでもありません。こんなのさも当たり前の事に違い無いものですが、結局は他人事には違い無いからです。

しかし、経歴詐称ってよくよく考えれば自分でもした事あるかも知れない……なんて風に思ってしまったのです。
例えばパート・アルバイトの面接の時に出す履歴書ですが、当然の事ながら嘘や偽りを描く事はありません。けれど記入欄だって限られているものですからね。
せいぜい5行・6行程度でしょう。
けれど全く職場の雰囲気が合わない・どうにも仕事が嫌で1カ月も経たないうちに辞職してしまった……なんて場合、それを書くのだって面倒で記入しなかったなんて事実は何度かあるのです。本当はこの会社に数週間だけ居たなんて事を書くのだって何だか嫌ですからね。 それに履歴書というと、当然の如く自分が受かりたくて提出するものだからこそ、そんな経歴もまともに書いてしまえば「この人は仕事も続かないダメなひと」なんて採用担当に思われてしまうのだって何だか癪ですからね。
正直これについては後ろめたい気さえもしてしまうのですが、まともに書いてしまえば、他に長く勤めた場所がその後にあったとしても、記入する事が出来なくなってしまう事さえもあるので省く事さえもあります。

2016.03.更新4.17
以前自分の友人が言っていた事ですが、「履歴書とは前科だ」なんて聞いた事がありました。

今現在30代になってその意味をなんとなく理解出来る気がします。
確かに、仕事を辞めるにはそれ相応に理由があるものですからね。志が変わった、やりたい事があるから等の前向きで円満な理由ばかりならば良いかも知れませんが、そうではない場合だってありますからね。単純にその環境が生理的に無理だから辞めた、健康を損ねた、精神的にまいってしまったなんて場合だってある筈です。
そう思うと、この小さな経歴詐称は……意外にもやった事が多い人も居るにでは? と、感じてしまう部分もあります。

中国では富裕層が増えてるらしい

少し前、中国人の爆買いに対しての記事を書きましたが……TVのニュースなどを見ていると相変わらずに中国人の爆買いやら日本観光が何かと話題になっていますね。
それもその筈で、ここ数年中国では富裕層がグンと増えているそうなのです。

──かなり失礼な話をしてしまいますが、中国人というと、そんなにお金を持ってそうなイメージって未だ無いものですよね。
実際に自分自身が過去に行った海外旅行で中国人観光客を目にした事って何度もありましたが、見た目も決してお金を持ってそうには見えず、横暴で嫌なイメージしか無いものでした。正直デリケートなお国の問題ですが……私個人の意見ではハッキリ言ってしまえば中国人大嫌いです。
確かに観光に来てお金を落としてくれる事は「経済活性の為にはきっとありがたい事」には違い無いだろう……と、感じるものですが、全て自国のルールで貫き通し、モラルが欠けている事で嫌悪を感じてしまうものです。

しかし、景気が良いというのは本当に羨ましいものですよね。
日本もアベノミクスから以前より徐々に景気は良くなっている傾向がありますが、それでも新卒が正社員になる事が難しく中途が社員なんてかなりの難関……なんて言われて居る時代ですからね。それに働けば働いたでブラック企業だったなんて事もあるそうで自分の周りにも社畜生活を送っている存在がかなり多く居ます。

2016.02.更新3.17
金は無いのに、仕事ばっかさせられる……と、これはかなり滑稽な話ですよね。

また自営業も相当厳しい時代です。ここ最近聞いた話によると、自営業はキャッシングの審査に通過しにくく、難しいものだそうです。
自営業者の借入セレクト|個人事業主でも借りれるビジネスローンといったものもあるそうですが、必要な経費を得る為にも一苦労してしまうと考えると、日本って経済的に未来が暗いな……なんて、感じてしまうものですね。
日本ももう少し、経済的に明るい未来が訪れれば良いと切に願ってしまいます。

最近おもしろ本屋が流行ってますね

最近、朝のニュースで見かけた情報ですが……おもしろ本屋が流行っているなんて特集を見てこれに少し興味を持っています。
と、いうのも私自身も小説を読む事が好きで、深夜アニメになっている萌え&燃え系のファンタジー&SFライトノベルから乙女向け恋愛小説やドラマ化作品などのエンタメ小説などその他にも様々本を読む事自体が習慣化されているので、この特集には特別興味を持ったのです。

その特集で紹介されていた本屋は、○月○日と日付別分類をされていて、タイトルと著者の名前、そしてその本を書いた著者の情報しか掲載されておらず『中身を一切読む事も出来ない本』です。
本の表紙に記された日付は、その本を執筆した著者の誕生日です。これがバースデーブックと言われ、自分の誕生日と同じ誕生日の著者の本を読む事が出来るという理由から、今かなり人気を集めています。自分の誕生日に勿論の事、読書家或いは普段全く本を読む事も無い友人宛のささやかな誕生日プレゼントとしても人気を集めているそうですが、確かに自分と同じ誕生日の著者の書いた本って……何だか興味が沸いてくるものですよね!
しかし実店舗があるのは自分の自宅からはかなり距離と交通費もかかる為少し現実的では無いかなと、ションボリとしています。

2016.02.更新1.17

けれど、自分と同じ誕生日の著者なんて、インターネットで検索をかければ割と出てくるものです。例えば、自分の同じ誕生日の作家を検索にかけてみたところ、アレックス・ヘイリーやローラ・インガルス・ワイルダーが検索結果に出ます。
あとは、これを調べて買うだけ……という方法になるのですが、確かに自己検索で購入となると少しだけ味気ないような感じもしてしまうものです。
と、なるとやはり一度何かのついででも良いのでバースデーブックの書店に行ってみたい! と、感じてしまうものです。

その他にもカフェを併設している書店や泊まれる書店など様々変わった経営をしている本屋さんが近年増えてきている傾向です。本当、どこに向かっているかは不明ですが、ユニークな場所が増えておもしろいなと感じますね。
けれど、私個人の意見では本はやはり家でのんびりまったりとお茶でも飲みながら静かな時間に読むのが一番いいかな? なんて感じます。
やはり自分にとっては癒しであって、リラックスタイムのお共アイテムには違い無いので、家でダラダラと読んでいる方が性にあっているかな? なんて、感じてしまいます。

クレジットカードの審査のこと

クレジットカードと言えば、現金無しで買い物が出来るのでとっても便利な存在には違いありません。それに高価なものを購入する時は、分割払いやリボ払いの設定をする事も出来るので、支払い方法も様々選ぶ事が出来るので本当にいざという出費がある時こそ助かる存在には違い無いと改めて考える事が出来ます。
それに、クレジットカードの審査と言えば割と簡単ですよね。
キャッシングの審査のように年収の設定まで事細かでは無いですし、多少のブレがあったとしても、それで審査で落とされるといった事もありません。
しかし、それでも落ちてしまうという人が現実的には居るそうです。

これは年収が悪いからか? と、考えてしまうものですが、大手デパートのイオンカード審査通過に必要な年収はいくら? と調べてみると、特に年収の事については表記をされていません。しかしコレって、他のカード会社にも同じ事が言えるのではないでしょうか。例えばの例ですが、私もメインで使っている楽天カードにもこういった年収の制限は明記されていません。

2016.01.更新4.17-1
なのに、どうして審査に落ちてしまうのか? この点について考えてみましょう。

まず理由の一つとして、考える事が出来る事と言えば、支払い忘れ、支払い遅れが大きな要因をする事があります。これは以前に他のクレジットカードを発行した場合に起こりうるものですが、支払いを滞納したり遅れるといった事態が起きれば、その遅延履歴が信用情報機関に掲載され、これが要因して審査落ちを起こす可能性が非常に高いと言えます。
また、その他の理由としては、キャッシング枠の希望額が大きすぎたという事も考える事が出来ます。今のクレジットカードには殆どキャッシング枠がついているものですが、申請を出す際に、この枠を多く見積もりする事によって落ちる事があります。ですからキャッシング枠は0か、多くても10万程度に抑えておいた方が良いと言えます。

多くが年会費も無料で作れる事から、1つは持っておくと便利なクレジットカードですが、それでも、2つ目以降から作る時は慎重になった方が良いと言えますね。やはりカードというとそこに現金が見えない事から価値も見いだせないものかも知れませんが、とても責任の問題が重たいものには違い無いです。

実は私も去年犬という大きな買い物をクレジットカードで行いました。
現在絶賛返済中ですが、ポイントも溜まり別の場所でお得に買い物が出来るという利点もあるので、自己判断が重要になりますが、持っていて不便なものではないと感じます。

寒くて最近寝付きが悪い!

暖冬とは言われて居ますが……やっぱりそれでも、朝晩は冷え込みを感じるものですね。
私は、雪が降る事もかなり珍しい東海地方の中でもかなり温暖な場所で生まれ育ちました。そして他県に嫁いだのですが……こちらはかなり気温も冷え込み、夏・冬の寒暖の差がかなり激しい地域です。冬場は氷点下まで冷え込む事がザラですし、嫁いだばかりの頃と言えば、体調を崩しっぱなしだったなぁ、なんて思い出します。

しかし、やはり未だこの寒さには慣れません!
寒くて寝付けないなんて事が起きるのです。
ですので、基本的に冬期はエアコンを付けっぱなしという事が多いのですが、それでも身体の底から冷え込んでしまい、寒くて眠れない! なんて、事が起きるのです。

選択肢1.布団を暖かいものに買い換える・シーツもモコモコに
選択肢2.パジャマを暖かいものにして、ヒートテックを着込む
と、この2択になるのですが……選択肢1はどうにもお金がかかってしまうものですからね。実は最近寝具を見にモールや家具店などに出かけたのですが、意外にも高いんだな! なんて驚嘆してしまった事があったのです。価格はおよそ1万円以上。

5000円以内で購入OKと考えるとシマムラやドンキホーテを思い浮かべるものですが、何かだか頼り無さそうに感じてしまうものです。
別にシマムラやドンキホーテを馬鹿にする訳では無いのですが、こういった格安店やディスカウントストアの布団……と、考えると本当に暖かいのかな? と不信感さえ感じてしまいます; これは早いところお金を貯めてしっかり温かな羽毛布団を購入しようなんて感じます。

2016.01.更新3.17-2
──早いところ早く暖かくなって、眠りやすいシーズンになって欲しいものだななんて切望してしまいます。

けれど、この冬の寒さによる不眠ってかなり厄介なもので、病気なども招きやすいと言われて居るので本当に体調管理はしっかりしないとダメだ! なんて、感じてしまうものですね。皆さんも風邪には気を着けてください。未だ未だインフルエンザなども蔓延しているシーズンなので、日々気を着けたいと感じるものです。

ウィンタースポーツがやりたいと思う今日この頃

今年は暖冬で、12月も1月も比較的日中は暖かい陽気の日が多いな……なんて、よく感じるものです。しかし冬という事もあって、「ウィンタースポーツがやりたいなぁ」なんて時折感じるものです。

実は、私小学校に上がる前からずっと、家族で正月スキーに出かけたりする事が本当に多い家庭だったので、ウィンタースポーツというととても馴染み深いものでした。
自分用の板も持っていましたし、ウェアもよく買い換えたりなんて事もしていました。
しかし、成人してからというものの完全にご無沙汰となってしまい、もうかれこれ10年近くはゲレンデに足を運んでいません。

2016.01.更新3.17-1
冬になる都度にまた滑りに行きたいな~なんて、感じてしまうものですが、やはり主婦の身分となった今ではなかなか厳しいななんて感じてしまうものですね。

まして、自家用車といえば軽自動車です。スタットレスタイヤを履けたとしても、とてもではなく板も運ぶ事も出来ませんしターボエンジンでも無いので、勾配のある山道を走る……まして、路面凍結を想定してと、考えると全く現実的ではないように感じてしまいます。こうなってしまえば、バスツアーなどに参加した方が現実的ではないのか? と、思えるものですね。

しかし、つい最近。かなり痛ましい事故が起きましたよね?

15日。野沢温泉行きのスキー客のツアーバスが転落事故を起こしたという事が起きました。死亡者14人・27人怪我。その大半が10代後半~20代とかなり若年齢層の方も多かったようで、楽しみにスキーに出かけたのに、こんな事故に巻き込まれてしまうなんて……と、考えると、悲惨としか考えられません。

やはりこういった事はバスツアーの会社の方に責任があるものだと断言する事が出来ますが、1度こういう大きな事故が起きてしまうと、どうにも不信感を覚えてしまうものですよね。しかし、バスを運転している乗務員だって人間です。
100%安全という事も絶対にありえない事なので仕方の無かった事とも考える事は出来るものですが、多くの命が犠牲になった分、信用問題をこれから取り返すのは本当に大変な事なのでは? と、感じてしまうものですね。

完全に寝正月だった2016正月

お正月のお休みは皆さんどこかに出かけましたか?
私は本題通り、完全に寝正月を過ごしていました。
本当は実家に帰省する筈だったのですが、主人が大晦日から三元旦とかけて1週間以上公休ナシというスケジュールだったので自宅でまったりのんびりと正月休みを過ごしていました。しかし、困った事に私の主人、1月2日に高熱を出してしまい、2日程休んでしまったのです。確かに、その前のお休みと言えば、去年の12月23日。
既に10連勤している最中だったので……ハードなスケジュールといえばハードだったのかも知れません。
主人は店舗の副支配人。責任者代行という立場なので確かに休む事も難しいです。本当にコレばっかりは仕方無かったかな……と、感じるものでしたが、それでももう少し無理の無いスケジュールを組む事が出来なかったのかなぁ? なんて、妻の立場からしたら感じてしまうものですね。

2016.01.更新2.17-2
そして更に困った事と言えば、私も熱風邪が移ったらしく1月4日の晩に高熱を出して倒れたのです; 病状はほぼ同じで腹の下りと吐き気、そして熱とかなり辛い病状でした。
幸いにもノロウィルスでは無かったので良かったのですが、近くの病院もやっていなかったので市販薬と睡眠のみの療養でした。けれど集中した休養のお陰か翌日にはだいぶ病状も楽になったので本当に安心しました。

夫婦で困る事と言えば、やはりどちらかが風邪や伝染性の病気を患うと移ってしまう事なんですよね……うちの母親は父が風邪などを引いてもそんなに移る事も無いタイプだったのですが、やはり健康であるからこそなのかな? なんて感じてしまうものです。
夫婦共倒れ程怖い事は無いので今後は気を着けよう! なんて思うものです。
それに、インフルエンザやノロウイルスに対しても未だ未だ気を抜けない時期ですからね。
TVでもここ最近ノロウィルスの感染やインフルエンザでお年寄りが死亡したなんてニュースをよく見かけるものです。
やはり健康の管理は常日頃の生活が本当に大事なのでは? と、感じるものです。
夫婦共に今年2016年のSTARTがグズグズだったので、今後は本当に病気にならないように日々の生活を改め気を着けようなんて感じます。

中国人の爆買いいつまで続く?

去年ほどからTVで中国人観光客の爆買いが非常に話題になっているものですよね……。とっても失礼な話、中国と言えばジャッキーチェーンの出て来る香港映画のようなイメージが妙に強く、「そこまで裕福そうではない」なんて潜在的に感じてしまうものですが、日本に訪れてこんなに爆買いをしているとなると……相当景気が良さそうだなんて感じてしまうものですね。
詳しくそちらのお国の経済情勢は把握出来ないものですが、それでも貧富の差もあるのかな? なんて、感じてしまう程です。

2016.01.更新2.17-1
実は私の住んでいる地元でもこの爆買いの影響が若干あって、市販薬が買えないなんて事が実は最近あったのです。

私の住んで居る場所は関東で都心まで1時間程……と、割と田舎です。
「こんな所にまで中国人観光客が来る筈も無いだろう」なんて思っていたものですが、来ていたそうで、鎮痛薬を買いに行ったら品切れていました。
先程発注をかけたから届くのは明日か明後日ですなんて薬剤師さんに頭を下げられ別店舗に車を走らせて出向いたのですが、今すぐ欲しいものが在庫切れとなると、少し迷惑だな……なんて、感じてしまうものですね。
別に爆買い自体は迷惑では無い事で、むしろ日本にとっては経済活性もあるので決して悪い事ではないかも知れませんが、限度もあるでしょう! なんて正直なところ感じてしまうものです。

しかし、中国人の爆買いニュースなどを見ていて「矛盾してるなぁ……」って感じた事ってありませんか? 何がかと言えば、ここ数年日中の関係ってあまり宜しくないと囁かれているものですよね? 去年2015年の春先ほどからよくニュースで見かけませんでした? 反日デモを起こして、日本製商品を壊すなんて事をTVで見かけているものですが……そこまでして嫌いなのに、どうして日本にやって来て爆買いをするのだろう? と、とても疑問に思えてしまうものです。
恐らく全ての中国人が「アンチ日本! 反日!」というワケではないとは思いますが、この点が本当に不思議に思えてしまいます。