センター試験の廃止について

bb1e97ab7f65f87b35854719247fcd89_s

最近、センター試験が2020年から廃止となり、センター試験に代わる新形式のテストが導入されるというニュースを耳にしました。

私はこれについて反対です。新形式のテストの内容は詳しくは公開されていないと思いますが、1年の間に何度か試験があり、そのうち一回受ければいいというものと聞きました。

ここで、私は疑問に思いました。それは日にとって問題が違うから、不平等ではないかと。

今までのセンター試験はすべて同じ日に実施されていました。これは平等を期すためにそうなっていたのではないかと思います。

ましてや、英語に関してはspeakingが導入されるとも聞きました。これも全く不平等な話です。

なぜなら、英語のspeakingというのは、speaking能力以外にも、受験者、各個人の性格が大きく反映するからです。

仮にspeaking能力が同じな、A君とB君がいたとします。A君はとても明るい性格人とのコミュニケーションが得意でで、B君はA君とは対照的にあまりコミュニケーションが得意ではありません。

この二人が同じ試験を受けたとします。そうなるとA君のほうが有利なのは誰の目にも明白です。

このようなことから私は、センター試験廃止に反対します。