クレジットカードの審査のこと

クレジットカードと言えば、現金無しで買い物が出来るのでとっても便利な存在には違いありません。それに高価なものを購入する時は、分割払いやリボ払いの設定をする事も出来るので、支払い方法も様々選ぶ事が出来るので本当にいざという出費がある時こそ助かる存在には違い無いと改めて考える事が出来ます。
それに、クレジットカードの審査と言えば割と簡単ですよね。
キャッシングの審査のように年収の設定まで事細かでは無いですし、多少のブレがあったとしても、それで審査で落とされるといった事もありません。
しかし、それでも落ちてしまうという人が現実的には居るそうです。

これは年収が悪いからか? と、考えてしまうものですが、大手デパートのイオンカード審査通過に必要な年収はいくら? と調べてみると、特に年収の事については表記をされていません。しかしコレって、他のカード会社にも同じ事が言えるのではないでしょうか。例えばの例ですが、私もメインで使っている楽天カードにもこういった年収の制限は明記されていません。

2016.01.更新4.17-1
なのに、どうして審査に落ちてしまうのか? この点について考えてみましょう。

まず理由の一つとして、考える事が出来る事と言えば、支払い忘れ、支払い遅れが大きな要因をする事があります。これは以前に他のクレジットカードを発行した場合に起こりうるものですが、支払いを滞納したり遅れるといった事態が起きれば、その遅延履歴が信用情報機関に掲載され、これが要因して審査落ちを起こす可能性が非常に高いと言えます。
また、その他の理由としては、キャッシング枠の希望額が大きすぎたという事も考える事が出来ます。今のクレジットカードには殆どキャッシング枠がついているものですが、申請を出す際に、この枠を多く見積もりする事によって落ちる事があります。ですからキャッシング枠は0か、多くても10万程度に抑えておいた方が良いと言えます。

多くが年会費も無料で作れる事から、1つは持っておくと便利なクレジットカードですが、それでも、2つ目以降から作る時は慎重になった方が良いと言えますね。やはりカードというとそこに現金が見えない事から価値も見いだせないものかも知れませんが、とても責任の問題が重たいものには違い無いです。

実は私も去年犬という大きな買い物をクレジットカードで行いました。
現在絶賛返済中ですが、ポイントも溜まり別の場所でお得に買い物が出来るという利点もあるので、自己判断が重要になりますが、持っていて不便なものではないと感じます。