保育園の人員不足は深刻

f96ee148ec2b5495bc90e8604e1f5de3_s

子供を持つ親として、最近気になったニュースがあります。

それは、保育園でのプールをしている時に4歳の女の子が溺れてしまい、病院に搬送されましたが、未だに意識不明の重態であるという痛ましいニュースです。

私も仕事をしているため、二人の子供を現在保育園で預かってもらいます。

そして、タイムリーで7月から天気が良くて気温が一定以上の時はプールに入れてもらってます。

子供達はプールが大好きで毎日楽しみにしています。プールの大きさは深さ80センチほどと、ニュースになったプールの大きさとほぼ同じです。

事件が起きた当時、保育士の方2人がプールの様子を観察していたそうですが、気付いたのは園児の「わぁ!!!」という悲鳴で保育士の方が気付いたらしいです。

2人も見ていて、と保育園を見たことない方は言われそうですが、在園している子供の人数によって保育士の人数は決まりますが、どの授業の時に全員がいるとは限らなく、グレーな部分が保育園では多々あります。

年齢によっても小さい年齢を扱うクラスはそれだけ、保育士の数が多くなりますが、上の年代に従ってついている保育士の人数は少なくて済みます。うちの保育園では異年齢グループが採用されているので、実際の年齢より見ている人数が少なかったりするのが実情です。

また、お迎えに行ったときも、保育士の目の届かない所で、ハサミで遊んでいたり、無法地帯な時もあります。

保育士の先生方は一生懸命やって頂いているのですが、人数が少なくて、手厚くなれません。そんな行政に不満を感じている時のこのニュースだったので、とても恐怖を覚えました。

子供達が通っている保育園でも十分ありえるかもしれないと思いました。この事件で、原因を早くつきつめて、行政がもう少し保育園に人員の措置をしてもらったりと改善されることを祈ってます。また、何より溺れてしまった女の子の意識が回復して、一日でも早く元気になるようにと願っています。