ジューンブライドの季節ですね

6月5日に関東地方も梅雨入りをして、本格的に『嫌ぁ~な季節になったなぁ』なんて、感じるものですが、6月と言えば結婚式シーズンですよね。
自分自身は6月の花嫁ではなく、10月秋の花嫁でしたが……ジューンブライドって憧れるものですよね。

芸能人でもこの時期に入籍&挙式を行うという方非常に多く感じるものです。
ここ最近で芸能ニュースで大賑わいなカップルと言えば、日本代表DF長友佑都選手と優でタレントの平愛梨さん♡
とてもお似合いだな~なんて感じますよね。正直このニュースを知るまでは、『え?! 付き合ってたんだ!?』なんて驚いてしまいました。
6月の花嫁は幸せになるというジンクスが昔から言われているものなので、この2人もきっと幸せいっぱいの夫婦になれるのでは!? なんて、思ってしまいますね。
2016.06.更新2.17

──しかし、6月の結婚式と言えば、自分自身も数年前は結婚式ラッシュで本当に祝儀貧乏になってしまったな。なんて事を思い出してしまいます。
やはり20代中盤~の年齢って今現在の結婚ピークの年齢ではないですか?
やはり6月7月に挙式を迎える方って仕事関連・プライベートを問わずに本当に多かったんですよね。

そんな中でも記憶に残っている事と言えば、自分達が結婚した翌年の6月~10月は本当に結婚式が多かったんです。通算5回か6回……友人・知人の結婚式に足を運びました。
割り切れない数字でご祝儀を出すので平均して3万円。
これが5回6回となってしまえば、もうご想像通りかも知れませんが……10万を超える出費となってしまったのです。どうにかしてその時は夫婦で兎に角稼ぐ事を考えて用意していましたが、生活がかなりカツカツだった事が記憶にあります。
あまりに遠方ならば断ればいいだけの話かも知れませんが、なかなかこういった機会も滅多に無いものですからね。それに友人知人の式となれば招待されれば行ってあげたいと感じるものです。しかしお金の面……こればっかりは本当苦難が伴うので『出来れば年度も月もバラけて欲しい!』なんて切実に願ってしまいますね。